楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」クーポンの取得方法と使い方を徹底解説!

mako
自治体発行(ご当地)クーポンの取得方法から使い方まで詳しく知りたい!

今日はこちらの疑問を解決していきたいと思います。

楽天カード会員限定クーポン(月1,000円)と併用して利用することができる「自治体発行クーポン」ですが、楽天トラベルで予約する前に必ず確認しておきたいクーポンの一つとなります。

安く予約することができるため、必ずクーポンが利用できるか確認しましょう。

\クーポンGET!/
自治体発行クーポンはこちら

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」クーポンとは?

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」は、各地方自治体が発行する旅行券を宿泊割引クーポンとして利用することができます。

対象宿泊エリア、宿泊施設にて宿泊料金や航空券と宿泊のパッケージ料金を割り引いて利用することが可能になります。

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」の取得方法

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」クーポンの取得方法は基本的にエリアから取得します。

例えば、近畿地方のクーポンを見てみたい場合は「近畿(奈良県、滋賀県、兵庫県)」をクリックします。

「奈良県」、「滋賀県」、「兵庫県」のどれかを選びます。

現在、利用することができる滋賀県のご旅行に使えるクーポンが表示されます。

こちらのクーポンは人気ですぐに枚数上限に達してしまうため、常にチェックすることが必要となります。

奈良県で利用できるクーポンを発見することができました。

クーポンの金額をクリックすると取得が完了します。

利用時の注意点

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」クーポンを利用する時に注意すべきことがあります。

クーポンは獲得して減るのではなく予約して減る

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」クーポンは獲得後はいつでも利用できるという訳ではございません。

利用した段階でクーポンの枚数が減るのではなく、予約が確定した段階でクーポンの枚数が減るため、例えクーポンを持っていても、他の人が予約した段階でクーポンが利用できなくなるという現象が発生します。

利用条件を確認する

また、クーポンには利用条件も設定されているため注意しておきましょう。

例えば、こちらのクーポンの場合、以下の条件が設定されています。

楽天トラベルの「宿クーポン」の取得方法は以下の方法があります。

  • 1名以上
  • 4,500円以上
  • 2020年11月2日から2021年2月28日まで

上記の条件をクリアしないとクーポンは利用することができません。

mako
クーポンによって併用不可のものもあります。

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」の使い方

楽天トラベルの「自治体発行(ご当地)」クーポンの使い方です。

1.自治体発行クーポンを獲得する。

2.利用条件をクリアする内容でホテルを検索する。

クーポンの対象施設を見るのリンクからアクセスすると予約できるホテルが表示されるのでこちらを利用することをおすすめします。

3.予約する

予約じに自動的に適用されます。

自治体発行クーポンが使えない

予約時に自動的に宿クーポンが適用されない場合は以下を確認してください

  • 予約枚数に達していないか
  • 予約利用日に使えるか
  • 〇〇万円以上など条件がないか
  • 併用可のクーポンであるか

上記に該当していなか確認しましょう。

まとめ:宿クーポンは必ずチェック

いかがでしたでしょうか。

宿泊日とエリアが決まったらとりあえず自治体発行クーポンがないか探すのが安く泊まる方法の一つです。

「自治体発行(ご当地)」クーポンは人気であるため、すぐになくなってしまいます。

枚数が減る訳ではないのですが、クーポンの取得忘れがないように、まずはクーポンを取得するという方法が一番良いです。

mako
たまに2万円、1万円のクーポンが出るため、ほとんど無料で宿泊できるのが自治体発行(ご当地)クーポンの素晴らしいところ。

確実にゲットしておきましょう。

\クーポンGET!/
自治体発行クーポンはこちら

最新情報をチェックしよう!